台湾渡航

2017年、経営する訪問介護事業所台湾への従業員研修旅行に行きました。

台湾の交通機関のバリアフリー化が進んでいることに驚かされました。自分が乗った台北MRT路線は、エレベーターや障害者トイレ、車内の車椅子スペースの設置はもちろんのこと、ホームと電車の間もフラットになっていました。

日本だと多くの路線で駅員さんに簡易スロープを置いてもらわないと乗降できないのですが、台北MRTは駅員さんの手助けなしに好きなタイミングで自由に乗降できます。オストメイトの方のための設備のある障害者トイレも多く、おむつ交換台などの整備も進んでいました。

車椅子の乗客は日本より多く、エレベーター前に車椅子の列ができていた駅もありました。日本でもエレベーターになかなか乗れない経験は多いですが、車椅子の列で乗れないことはありません。障害者の方が外に出ているかどうかは社会によって決まる要素が強いことを実感できました。


わたなべただひろ後援会

〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷6-2-4ビレア幕張本郷103

E-mail: info@tadahirowatanabe.jp